MENU

コミュ症で人生辛い?別に気にしなくていいんじゃない?って話

2020 6/15
コミュ症で人生辛い?別に気にしなくていいんじゃない?って話

『コミュ症で人間関係がうまくいかなくてつらい・・・』

『もっち普通に立ち回れる人生がよかった、このままじゃつらい・・・』

そんな風に悩んでいませんか?

どうも、人見知りな美容師Pです。

コミュ症だけどわりと明るく楽しく生きてます。

コミュ症といっても色々なパターンがあると思うんですけどね

要は根がコミュ症だとしてそこからどうするのか・・・

 

「無理してでもコミュ症な性格を改善したいのか?」

「コミュ症なまま自由に生きていくのか?」

 

僕は子供の頃から割と重度なコミュ症でした。

それでも今は自分なりに克服して(受け入れて?)今日も楽しく美容師を続けています。

そんな僕なりのコツというか、考え方やメンタルの持ち方などを書いておきます。

もしも悩んでいるなら参考までに。

目次

コミュ症ってなに?コミュ障との違いはなに?

コミュ障というのはコミュニケーション障害の略ですよね。

ここでいうコミュ症というのは少し違っていて、実際に深刻な障害があるわけではなく会話が苦手だったり人付き合いが苦手で避けてしまう事を指す場合がほとんどです。

もともとネットスラングとして使われ始めた造語です。

「上がり症」「不安症」などと同じニュアンスだと思うので僕はコミュ症と書く事にしています。

正直そんな事はどちらでもいいです。

それからコミュ症は病気ではないです。

僕はコミュ症というのは特定の人に対する「強い苦手意識」だと思っています。

 視覚・聴覚の障害、発声・発語の障害、知的障害などによって、自分の意思を伝達したり、相手の意思を理解したりすることが困難な状態。脳卒中や頭部外傷による失語症、運動障害性構音障害、音声障害、聴覚障害など。コミュニケーション症。
 俗に、人づきあいを避けたり、他人に無関心であったりすること。また、そのような人。コミュ障。

引用:コトバンク

↑上記でいうと2の場合がほとんどです。

単にコミュニケーション能力が高いか低いかという問題でもないと思います。

僕はわりとコミュニケーション能力が高いタイプのコミュ症ですからね。

僕のようなタイプのコミュ障は

その気になれば楽しく人と話すことはできるんだけど、極度に人に対して緊張してしまったり相手の気持ちを考えすぎて消耗が激しいので人に会うのを避けてしまう

という傾向にあります。

誰かに会えば明るく話すけど、本当はすぐにでも家に帰って一人になりたい気持ちでいっぱいの明るいコミュ症です。

反対に無口で人を寄せ付けないタイプのコミュ症もいますよね。

他人の気持ちに無関心なタイプは同じコミュ症と言っても全く真逆な性質だと思うし全く僕にはわからないタイプなのでここではあまり触れない事にします。

コミュ症の特徴は自意識が過剰すぎる・・・?

コミュ症の人は内面ではこんな風に思っている事が多いはずです

  • 失敗をしたくない
  • 恥をかきたくない
  • 自意識が過剰
  • 否定されるのが怖い
  • 不安症で落ち着かない
  • 警戒心が強い
  • それでいて完璧主義
  • 神経質
  • でも人の顔色をうかがう

などなど・・・

こう見るとなんだかすごく面倒くさい人な感じがしますね。

でも合ってるんじゃないかな、、

僕は全て当てはまりますw

 

美容師のお客さまって不思議と担当美容師に似た性質の人が集まるんですよね。

だからか僕のお客さまにはコミュ症気味な人がわりと多いです。

楽なんですよね、お互いにきっと。

だからわかるんですが、コミュ症な人って思慮深くて警戒心が強くて遠慮がちで不安症な人が多いんです。

接しているとすごくそういうのは伝わってきます。

コミュ症の原因は生まれつき?過去のトラウマ?

コミュ症って一般的には

「失敗したくない」

「恥をかきたくない」

「自信がない」

「過剰な緊張」

こういった内面的な自意識が原因だと言われていますよね?

その他にも過去にいじめられた経験があったり幼少期の家庭環境も影響すると言われています。

これはどうなんでしょうね、、

基本的には生まれ持った要素が強いと思うんですけどね・・・

 

確かに僕は幼少期に急に見知らぬ子供に殴られたりチックが激しかったのでイジメられたり周囲に変な目で見られたり・・・

そういった中で人間の「悪意」に敏感になってしまったのかな?

というのは多少感じます。

バカにしたり、痛めつけようとしたり、絶望を与えようとしてきたり・・・

少なからずこういう性質を秘めてる人間が混じってるじゃないですか。

大人にも子供にも。

だから絶対にイジメや虐待やDVはなくならないんです。

大人も子供も一緒です。

そういう人間の「悪意」や「卑しさ」や「醜さ」を自分にぶつけられた時に「人間と関わりたくない」という防御本能が作動してしまう事はあるのかな?

と。

 

そしてそれ以降は車のABSの様に人に踏み込む事にブレーキがかかってしまうのかもしれません。

でもどうせ「それはお前が弱いからだろ」と言われるだけなんですよね。

それはその通りなのかもしれないけど、メンタルの強さって人と比べようがないからわからないんです。

コミュ症が辛い・・・改善する方法はある?

てっとり早く僕がコミュ症だけどコミュニケーションをとるようになったのは

ある時モジモジしてる自分がたまらなく嫌になったからなんですよね。

やっぱり「弱い奴」と思われるのは嫌だったんです。

だから堂々と誰とでも対等に話せる人になりたかった。

でもどうしたらそうなれるのかわからない・・・

悩んだ末に考え出したのが

相手の先手を取って逆にグイグイ行って上を取る

というシンプルな考えでした。

 

陽気なアメリカ人の様に自分から先手をとって、時には隣に座ってる知らない集団にまで無理やりこっちのペースで話しかけたりもしました。

イメージ的に言うと先に自分のフィールドを作って強引に主導権を取る感じです。

結構しんどいですよ。

それに慣れてきたら今度は相手のフィールドの中に飛び込んで相手を凌駕する勢いで会話の主導権を握るというトレーニングもしました。

上手く言葉では言い表わせないんだけど人と人が話す時にはどちらかが一歩引いて相手を立てたりあわせたりする図式ってないですか?

主導権を渡された側もしっかりとその役割をはたさなければならないんです。

そこを頑張ってやり切る!

 

コミュ症というのは自分のターンが着た時に一歩引くどころか顔を引きつらせて後ずさりしてるような感じなんですよね。

主導権を渡されると焦っちゃって逃げ出したくなるはずです。

これは完全に僕の持論ですが、コミュ症を改善したいと思うならメンタル的に後ずさる姿勢をなんとかしなければならないと思います。

  • バカになる
  • 強さをもつ

このどちらかの要素を取り入れて実戦でトレーニングするしかないです。

僕は高校生の頃からフィールドと主導権を意識して飛び込みまくってきたので相当鍛えられていますよ。

もちろんかなり恥ずかしい失敗もたくさん重ねてます。

なのでコミュ障にありがちな「失敗したくない」「恥をかきたくない」「人によく見られたい」というのも正直どうでも良くなってきてます。

いやいや「お前実は強キャラだろ」とリアルでは言われるんだけど、実際には僕はかなり消耗しながら社交的なモードにスイッチを入れているだけです。

家族はみんな知っていますよ。

コミュ症を特化して自分のフィールドにしちゃうのもアリ

とまぁ、ここまでは頑張ってコミュ障な自分を誤魔化してきた方法についてでした。

でも結局無理する事になるのでかなり消耗するんですよねこの方法は、、

かなり疲れる生き方でもあります。

で、ある時に僕は気づいちゃったんですよね

無理に他の人に合わせる必要なんて無くない?と。

こっちはあんまり積極的に会話をする気はないですよ〜と、自然体のままでもいいんじゃないか?と。

 

てか、なんでわざわざ消耗してまで他の人にあわせなきゃならないんだ?と。

無理する事をやめる事でもはや諦めの境地にも達するのか初対面の人と話す時も焦る事がなくなるんですよね。

  • 合わせようとしない
  • 完全にマイペースでいく

これ、相手がもし沈黙恐怖症の人だと相手がかなり消耗してモヤモヤする事になるんだけどいいじゃないですか。別に。

それが嫌ならもうお互い会わなければいいだけだよね。

最近では僕もそう割り切っています。

そうすると案外その自然さや楽さが良いのか以前よりも色々な人から好かれやすくなりました。

無理して疲れるならいっその事コミュ障な自分をさらけ出してオープンにいくのはすごくアリだと思います。

これには「嫌われたっていいや」という割り切りが大事ですね。

僕からするとこっちの方が勇気が必要でしたけど・・・

コミュ症でもいいじゃん

Let it be

コミュ症な僕からするとコミュ症な人ってやっぱり素敵な人が多いと思いますよ。

真面目で優しくて悪意のない人が多いです。

良くしゃべる人でもコミュ症な人ってなんとなくわかります。

少なくとも人の悪口や噂ばかりベラベラおもしろおかしく話す人よりも僕は大人しいコミュ症な人といる方が落ち着くし好きですね。

ちょっと頑張ってそういう自分を変えてみるのもいいと思うし、無理せずありのままのキャラとして成立させていくのもいいと思いますよ。

どちらにしてもコミュ症って優しすぎて気が弱いだけであって全く悪い事じゃないから問題視される事のほうがどうかと思います。

うん、

別に気にしなくていいじゃん。

【おまけ】 コミュ症におすすめな本

僕は自分がコミュ症や人見知りなことは美容師になるうえで欠点になると思っていたのでたくさんのコミュニケーション関係の本を読んで会話の勉強をしてきました。

なかでも僕がおすすめな本を2つだけ紹介します。

特に人に合わせようとしてしまう事が原因でコミュ症になってしまう人は自己を開放する事がなによりも大事かもしれません。

嫌われる勇気を持つ事ができれば・・・

まぁ、読んでみてください。

いや、とぎれますよ。実際これ読んだけど普通にとぎれます(笑)

普通の人ならこれ読んだら話せるのかな?

コミュ症には15分ってかなり長いですよね?

でもこの本には美容師にとて1番大事な「聞く方法」というのがわかりやすく66のルールとして紹介されています。とても読みやすいし聞き上手になる為に大事な事が凝縮された1冊です。

「聞き上手になる」というのはコミュ症にとってとても大切な事なのかなと思いますよ。

この2冊は僕のバイブルですね。

Y.P.Parkが愛用中のWordPressテーマ

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
Y.P.Park(ゆうぽん)の画像
Y.P.Park(ゆうぽん)
美容師/ブロガー
美容師しながら趣味でブログを書いてます。
好きなもの▶シャンプー、育毛、漫画、ゲーム、歴史、wordPress、ジョンレノン。
現場から色んな情報をお届けします。
目次
閉じる