MENU

初めての美容室が緊張しちゃう?美容師が初めてのお客様に最低限聞きたい5つの事を教えちゃいます

2020 6/15
初めての美容室が緊張しちゃう?美容師が初めてのお客様に最低限聞きたい5つの事を教えちゃいます

あぁ…、明日初めて行く美容室に予約してるんだけど、緊張するしなんだか憂鬱になってきた・・・

 

初めての美容室って緊張しますよね?

僕も人見知りなのでわかります。

でもなぜ緊張するのか?

いくつか理由はあります。

美容室も美容師もオシャレすぎる…

沢山のスタッフに迎えられたらどうしよう…

ちゃんと要望を伝えられるか心配…

何を話せばいいのかわからない…

変な髪にならないかなぁ…

まぁ色々あると思うんだけど今回は

「何を話せばいいのかわからない」

という緊張について。

目次

初めての美容室で何を聞かれるか知っていれば怖くない

初めての面接の時って緊張しますよね?

どうしてかというとそれは

何を聞かれるのかわからないからですよね?

 

最初から何を聞かれるのはわかっていたらどうでしょう。

ずいぶん気が楽になると思いませんか?

僕は美容師なので初めての美容室に行くときは絶対聞かれるであろう事はだいたいわかっています。

ちなみに初めてのお客さまが来店する時って美容師も結構緊張しています。

お客さまはホームページやブログを見てある程度の情報をもっているだろうけど

こっちの持ってる情報0ですから…

電話で予約してくれた場合は声のトーンや印象からかなりの予測をたてる事ができます。

年代や言葉遣いやトーンの強さでだいたいのイメージを掴めるものです。

でもネット予約は名前くらいしかわからない…

「名前占いで占っちゃう?」って感じ。

せいぜいキラキラネームなら若いのかなー?とか。

どんな人が来るのか全くわからないんですよ?

めっちめちゃ怖くないですか?

それに比べれば美容室に行く側ってホームページやブログでじっくりリサーチできるんだからいいほうですよ。

美容師が初めてのお客さまに聞きたい事

初めてのお客さまが来店した時に美容師側には最低限聞き出しておきたい事がいくつかあります。

理由もあわせて教えちゃいます。

どうして前回のサロンに行かずにうちにきたのか?

「いつも行ってるサロンは予約一杯だったんですか?」

といった感じで遠回しに聞かれると思います。

お客様が美容室を変えるタイミングって

  • 担当者が産休・辞めた・遠くへ行った
  • 引っ越してきたばかり
  • だんだん雑になってきた
  • いつも思い通りにならない
  • 飽きてきた
  • プライベートに大きな変化があった

いくつも理由があるけど前回のサロンには行かなかった理由と自店を選んだ理由を知る事はその人の気持ちの流れを知る大きなヒントになるから知りたいんです。

今の髪型で嫌な事やコンプレックスがあるのか?

何センチ切りたいのかや見せてくれた髪型の画像以上に美容師が知りたいのはそこです。

トップがぺしゃんこになるのが嫌だとか、暗く見られるのが嫌だとか、薄毛が気になるから目立たないようにしたいとか。

ここを聞き逃すと満足いく髪型を作れないので必ず聞いていきます。

むしろ聞いてこなかったら仕上がりを心配したほうがいいかも?

仕事しているのか?結婚しているのか?

仕事をしているなら仕事中は結ぶのかや前髪はピンでとめたりするのか?落ち着いた感じがいいのか自由なのか色々制限もあるのでできれば知りたい所です。

結婚しているかや子供がいるかどうかも美容師から聞きづらいんだけど

「休みの日は出かけるほうですか?」

などと聞かれる事が多いと思います。

小さい子供がいたりすると乾かしやすさとか行事の時期だとか色々と考慮する事があります。

子供がいなければ自分の髪にかけられる時間もあると思うので提案の幅も広がるので美容師が知っておきたいところです。

毎朝のセットや髪のお手入れはどれくらいしているのか?

これって本当に人それぞれなんですよね…

意識高い人は毎朝アイロンやコテで色々する人もいるし、寝癖にシュシュッと霧吹きしたくらいでおわりの人もいるんです。

ショートの人やメンズだとワックスとかつける人と何もつけたくない人の場合だとカットも変わってきます。

「ちゃんと手入れしてくださいよ!」と言いたいわけでなく「普段どうしているのか?」が重要なので聞いておきたいのです。

趣味や興味がある分野は?

これはやっぱり外でスポーツをしている人や家で読書する人やショッピングが好きな人…

色々な人がいるけど趣味や興味を持ってるジャンルってその人の好みの傾向とリンクするからちょっとしたテイストに調整や会話のためにも知っておきたいところなんです。

他にも色々聞かれる事はあるかもしれないけど、美容師が初めてのお客さまに聞きたいことは最低限この5つです。

美容室での会話が嫌だって言う人けっこう多いみたいですけど、こちらとしても

ちゃんと満足してもらいたい

という気持ちがあるから色々と聞いておきたい事があるんです。

初めての美容室で最低限必要なコミュニケーション

例えばあなたが看板職人だったとします。

「靴屋の看板作ってください。」といわれたとしたら・・・

どんな靴を扱っているのか?

お店のエリアは?

お店の大きさや雰囲気は?

オーナーのコンセプトや想いは?

どんなお客様をターゲットにしているの?

字や配色の好みは?

隣接するお店の看板のテイストは?

色々聞きたい事があるはずです。

こういった会話は最低限必要なコミュニケーションなのでしっかり答えてくれると助かります。

たまに看板作ってくださいとだけ言ったあとは「一切私に話しかけるなオーラ」を出す人がいるけどそれはどうかと思いますよね

純粋に相手に対して興味があるから色々聞きたくなるというのもあります。

なんか好感を持った相手の事って知りたくなりません?

どうでもいい人に対して興味は沸かないから質問しようとも思わないですよね。

美容師に話しかけられるのが嫌だという人もいるからその辺は様子見ますけど、なんか気になる人には色々聞きたい事があるのも事実なんです。

まとめ

僕は人見知りだし初対面の人と何をはなせばいいのかわからないので出身地の話をよくします。

意外とお互いの出身地を知ると距離感が縮まるんですよね。

まぁ、あまりしゃべらないタイプの美容師なんですけどね。

今回の最低限美容師が知りたがってる5つの事さえおさえておけば緊張感も半減するでしょう。

美容室っていう空間は美容室の縄張り内に入っていくという図式が一番緊張するんですよね。

そこはもう開き直って知らない縄張りにノコノコと入っていく自分というシチュエーションを楽しんでいくしかないでしょう。

現場からは以上です。

あわせて読みたい
【要注意】美容師に嫌われる客のNG行動を一挙公開します*あるある6連発
【要注意】美容師に嫌われる客のNG行動を一挙公開します*あるある6連発Y.P「明日「例のお客さん」フリーで入ってるけど誰が入る?」スタッフA「ゲ・・・!私ムリムリ・・・無理すぎです!」スタッフB「あ、ちょ・・・僕は明日お腹が痛くなる予定なの...
あわせて読みたい
個性的なヘアスタイルや奇抜な髪型を求めるとむしろ個性は消えてしまう
個性的なヘアスタイルや奇抜な髪型を求めるとむしろ個性は消えてしまう個性的なヘアスタイルってなんの事だかわかりますか?僕にはどうも良くわからないんですよね。オーダーされると一番戸惑ってしまうかもしれません。だって個性的なヘア...

Y.P.Parkが愛用中のWordPressテーマ

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
Y.P.Park(ゆうぽん)の画像
Y.P.Park(ゆうぽん)
美容師/ブロガー
美容師しながら趣味でブログを書いてます。
好きなもの▶シャンプー、育毛、漫画、ゲーム、歴史、wordPress、ジョンレノン。
現場から色んな情報をお届けします。
目次
閉じる