MENU

帽子は薄毛の原因になる?紫外線と抜け毛の関係を美容師が解説します。

2020 6/15
帽子は薄毛の原因になる?紫外線と抜け毛の関係を美容師が解説します。

帽子をかぶると薄毛になるとか抜け毛が増えるって聞いた事ありませんか?

「旦那が仕事で一日中帽子被ってるんだけど、薄毛にならないかなぁ…」

「真夏の日差しで頭皮が焼けるのと帽子で蒸れるのとどっちが薄毛になるの…?」

こういった疑問はあると思います。

でも美容師って仕事中もずっと帽子を被っている人多いですよね?

僕も帽子が好きなので仕事の日もオフの日も帽子を被っている事が多いです。

じゃ、薄毛になってしまっているのか・・・?

目次

帽子をかぶると薄毛や抜け毛になると言われる理由は?

帽子と薄毛の関係

帽子を被ると薄毛になったり抜け毛が増えるというのには2つ理由があります。

帽子が好きな人ならきっと思い当たるはず。

しめつけられて血行が悪くなるから

これはキャップなどに多いんですがサイズがキツくて耳の上あたりが締め付けられるパターン。

首筋から上に流れてきた血流を帽子でストップしてしまうと当然が血流が悪くなりますよね。

頭部の血流が悪くなってしまうと毛母細胞まできちんと栄養が届かなくなるので毎日キツい帽子をギュッと被っていると危険です。

耳上の丁度こめかみの付近はリンパも流れている箇所なので強く締め付けすぎると老廃物の流れも悪くなります。

リンパの流れが悪くなるという事は細胞の代謝も悪くなるという事なので頭皮の状態が悪くなってしまいます。

頭皮が蒸れてかぶれたり炎症を起こすから

頭ってもともと汗をかきやすい所なんですよね。

運動したり緊張したり辛いものも食べるとすぐに汗をかきます。

汗や皮脂が増えるとそれを餌にしている常在菌が過剰に繁殖します。

細菌が皮脂を分解した時にニオイの原因や脂肪酸というものが発生してこれで皮膚に炎症が起きてしまったり頭皮がかぶれたりします。

頭皮は基本的に清潔に保つ事が大事なので蒸れすぎてしまったり過剰に細菌が繁殖するのはどう考えてもマイナスです。

帽子をかぶった方が薄毛や抜け毛の予防になる場合ってどんな時?

cap

そんな話をしてると帽子てだめじゃん…と思ってしまいますよね?

でも帽子を被っていたほうが薄毛予防や抜け毛予防になる時があります。

それは夏の日差しの強い時。

無防備に紫外線を浴びた皮膚はどんどん老化していくのを知っていますか?

女性なら顔には日焼け止めを塗りますよね。

でも頭皮はダイレクトに紫外線を浴びます。

分け目が薄くなってきている人は紫外線が原因の場合が多いと思います。

髪の分け目の部分だけ頭皮が日焼けしている人に多いパターンで、そこが少し薄毛になってしまいます。

日差しの強い夏に長時間外でいる時は帽子をかぶっていた方が頭皮には良いと思います。

反対に北国などの冬の寒すぎる時も防寒の為に帽子がおすすめです。

頭皮が冷えると血行が悪くなるので薄毛や抜け毛の原因になりやすいので気温が氷点下でマイナスの時には帽子を被って血行が悪くなるのを防ぎましょう。

おでこの生え際やもみあげといった部分が抜け毛や白髪になりやすいのは冷えやすいからでもあります。

実際に一日中帽子をかぶった場合の頭皮の状況

最初に話した通り僕は帽子が好きなので仕事の日でも休日でも結構帽子を被っています。

僕が仕事で朝から帽子を被っている時に思うんですが

帽子の中がとにかく蒸れます・・・w

僕は体温が高くて汗もかきやすいのもあるんですが、シャンプーをしてお湯で手が温かくなったり、緊張してしまった時はいつも以上に汗をかいて帽子の中が蒸れます。

緊張した時の汗って油汗というかベタベタした感じの汗をかくんですよね…。

帽子の中ヤバイ事になってます。

休日に子供とサッカーなんかをしている時なんてもう…

頭洗ったの?

ってくらい髪がビシャビシャになったりもします。

当然帽子の内側も汗で濡れています。

ヤバイ予感しかしません。

そんな時はどうすればいいのでしょうか?

帽子による蒸れを解消する方法

これはもう原始的なんですがこまめに帽子を脱いで風を通す。

これにつきます。

帽子の中で大量に汗をかいてしまったらタオルで頭皮の汗を拭くのもいいと思います。

とにかくこまめに風を通すことが大事です。

仕事中もちょっと手が空いたら裏の方で帽子をとって空気を入れ替えしてます。

「帽子かぶるのやめればいいじゃん」

そう思いますか?

僕もそう思います。

薄毛や抜け毛になりくい帽子ってある?

薄毛や抜け毛になりくい帽子

一言で帽子と言っても素材や形はいろいろあります。

夏は特に通気性が良くて締め付けが少ないストローハット(麦わら帽子)がおすすめです。

やっぱりダントツ通気性がいいんですよね。

メッシュキャップも通気性がいいので夏にはオススメです。

冬のニット帽は防寒だけが目的ならアクリルやウール素材でもいいけど、蒸れなくて通気性を求めるなら吸湿速乾性のある素材のタイプがおすすめ。

どんなタイプの帽子でも一日中かぶるのであればできるだけ薄い素材感のものがおすすめです。

ガチっとしたハードなのってオシャレでカッコいいけど絶対に蒸れます。

帽子の手入れ方法

頭部は汗や皮脂の分泌が活発なので帽子をかぶると帽子の内側に汗や皮脂が混ざったものがついていて不衛生です。

そのまま放置しておくとその皮脂が酸化して腐った脂まみれのような状態に…。

そんな帽子を被ったらと思うとちょっと気持ち悪いですよね?

帽子の日々の手入れ方法はすぐに風通しの良い場所で乾燥させるのが基本です。

汗や汚れが気になった場合、水洗いOKの帽子なら手洗いであらっちゃいましょう。

水洗いNGな場合僕の手入れ方法

  1. ちょっと汗をかいた程度の場合は乾いた布で汚れをふき取る。
  2. それでも気になる場合は水を含ませてからよく絞った布で汚れを拭き取る。
  3. もっと気になる時は中性洗剤を20倍くらいに薄めて布に染み込ませて軽く叩く感じで内側全体の汚れを落としてから、水で濡らした布で良く拭き取る。
  4. 最後に風通しのよい場所で乾燥させる

まとめ

帽子と薄毛や抜け毛の関係について説明してみました。

まとめてみると

 帽子の締め付けは血行が悪くなるから✕

 帽子の中が蒸れすぎるのを放置すると不衛生なので✕

 仕事で帽子をかぶる場合はこまめに脱いで風を通す。

 夏の紫外線を遮る時の帽子は○

 室内ではあまり帽子はかぶらない方がいい。

という感じになります。

帽子は簡単にちょっとしたアクセントになるし、寝癖や根本の白髪も隠せる便利なアイテムですよね?

サイズが小さいのに無理やり被るとか、帽子の中がいつも蒸れていて頭皮に湿疹ができるだとか、そういう事にさえ気をつけていれば薄毛や抜け毛が増える事はないと思います。

ただやっぱり頭皮が乾燥肌や敏感肌の人は汗や皮脂にも敏感なので帽子は頭皮の状態をよく見ながら被るようにしたほうがいいかもしれませんね。

現場からは以上です。

あわせて読みたい
【ヘアマックス】低出力レーザーの育毛効果と副作用*口コミあり
【ヘアマックス】低出力レーザーの育毛効果と副作用*口コミありY.Pです。ヘアマックスって知ってますか?低出力のレーザーを頭皮にあてるだけで毛が生えてくるという、うさん臭い機器です。僕のようなヘアミニマリスト(薄毛)はこれ...

Y.P.Parkが愛用中のWordPressテーマ

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
Y.P.Park(ゆうぽん)の画像
Y.P.Park(ゆうぽん)
美容師/ブロガー
美容師しながら趣味でブログを書いてます。
好きなもの▶シャンプー、育毛、漫画、ゲーム、歴史、wordPress、ジョンレノン。
現場から色んな情報をお届けします。
目次
閉じる