MENU

【真相】パーマ液はハゲるって本当?美容師が教えるパーマと薄毛の関係

2020 6/16
【真相】パーマ液はハゲるって本当?美容師が教えるパーマと薄毛の関係

薄毛でボリュームが無くなってきたから根元からパーマをかけてフワッとしたいんだけど、パーマをかけすぎるとハゲるって本当・・・?

そんな疑問について美容師が説明していきます。

パーマ液の頭皮への影響について気になっている人は読んでみてください。

目次

【結論】パーマ液はハゲる(薄毛いなる)可能性が高まる

結論からいうと、

パーマはやり方によってはかなり頭皮に負担がかかるので間接的に薄毛になりやすいと言えます。

でも、一言でパーマといってもかけ方にも色々あるんですよね。

トップのボリュームが気になる人がトップの髪を根元まで巻き込んでパーマ液をつけるとします。

なんの工夫もなくトップの髪を根元まで巻き込んだ後に強めのパーマ液をたっぷり塗布していくと、頭皮もパーマ液でベシャベシャになってしまいます。

こういう場合はかなり頭皮に負担がかかってしまうので細毛や薄毛のリスクが高まります。

長い髪の人が毛先だけにパーマをかける場合やデジタルパーマのように最初につけるパーマ液が頭皮につかないような場合は頭皮に問題はないです。

でも基本的にパーマ液は髪にもダメージを与えるものなのでかければかけるほど髪は細くてコシがなくなります。

なので結果的には薄くなったと感じると思います。

僕も細毛の直毛でぺったんこなのが悩みなのでこれまでに何度もパーマをかけてきました。

かけた直後はいいんですよね。グリグリとしてボリュームもアップして。

でも結局すぐにボリュームはなくなってきちゃうし髪は傷んで今まで以上に細くなってしまうのでパーマをかけるのはやめました。

頭皮も毎回ピリピリするし・・・

パーマはハゲるからみんなかけるな!

と言っているんじゃなくて僕のような敏感肌やもともと細毛でコシのない人がパーマをかけるのはリスクがありますよ、という事です。

  • 頭皮が弱い人はパーマ液の刺激で炎症を起こしたりかゆみや湿疹といった頭皮トラブルが起きやすい。
  • パーマ液が髪に浸透していく時に髪のタンパク質や脂質を壊しながら浸透するから髪が細くなる。

 

ネット上ではパーマのチオグリコール酸やph9以上のアルカリが頭皮に良くないといわれていますが現在パーマ液にはたくさんの種類があります。

チオグリコール酸以外にも、システアミン、システイン、チオグリセリン、サルファイト、スピエラ、GMTなどなどそれぞれ有効なphも異なり簡単な話ではないんですよね。

パーマ2剤には過酸化水素も臭素酸塩もあるし。

パーマ液がどうして頭皮に良くないのかを、できるだけ簡単に説明してみましょう。

どうしてパーマ液は頭皮に良くないのか?

パーマ液が頭皮に良くない理由を説明する為にまずは簡単にパーマがかかる仕組みを説明します。

パーマの原理を簡単に言うと髪の毛は「シスチン結合」という無数の結合が手を取り合ってガッチリと形をキープしている状態です。

まずパーマ液1剤の還元剤という薬でその結合を切り離します。

そして丸いロッドなどに髪を巻きつけて髪が曲がった状態でパーマ液2剤の酸化剤で再結合することで髪の毛のカールがキープされるという仕組みです。

どんなパーマ液でもこの仕組は基本的に同じです。

最初に髪の結合を切る時に還元剤が髪の中まで入っていきやすいように髪をふくらませるアルカリ剤がパーマ1剤には入っています。

髪は弱酸性なので約ph9のアルカリの薬によって膨らませる事で結合を切る還元剤を奥まで届けるといういうイメージです。

このアンモニアやモノエタノールアミンといった強いアルカリ剤が頭皮に刺激を与えてピリピリする原因の1つになります。

ちなみにパーマ1剤は手が乾燥している時やひび割れしている時に手につくと相当痛いです。

「酸性パーマなら刺激がないんじゃないの?」

と思うかもしれません。

ところが・・・

アルカリ=悪い

酸性=優しい

みたいに簡単にはいかないんですよね。

酸性のパーマ液は弱くてしっかりパーマがかからない、肌への感作性でいうと酸性の方が肌に薬剤が浸透しやすくてトラブルの危険は高いといった欠点があります。

アルカリによる頭皮のピリピリがない代わりに薬剤によってはかえって皮膚にトラブルが起きる可能性があります。

「最近は髪にも肌にも優しいパーマ液が増えてますよ!」

みたいな事をいう美容師がよくいるんじゃないかと思うんですが

じゃ、その優しいパーマ液を洗面器にいれて両手を20分間つけてみて

という話なんです。

頭皮に薬剤がついた状態でしばらく時間を置くという事はそれと同じような事なんですよね。

結構リスクがあります。

パーマ液は肌に優しいなんて事は絶対にないので、肌が弱い人やその日の体調、頭皮に傷がる時にはパーマ液にアレルギー反応を起こしてかゆみがでたり腫れたり湿疹ができたりといったトラブルが起きる可能性は誰にでもありますからね。

パーマの時に頭皮がヒリヒリするのを軽減する方法

「それでもパーマをかけたい!」

そんな人の為に美容師目線でのアドバイスをいくつか挙げておきますね。

頭皮がかゆい時にはパーマをかけない

頭皮がすでにかゆい場合は知らない間に頭を掻いていて細かい傷がたくさんできている事があります。

普段はパーマ液にしみない人でもかゆみがあったり傷ができている時にはかなり刺激があってトラブルがおきやすいので頭皮の調子がいい時にパーマをしたほうがいいでしょう。

パーマの前日や当日にシャンプーをしない

頭皮の皮膚には汗や皮脂が混ざった天然の保護膜があるんですがこれをシャンプーでごしごし洗い落としてしまうとパーマで頭皮がピリピリする原因になります。

僕はパーマのお客さまの場合来店時はシャンプーは髪の油分を落とす程度で頭皮は洗いません。

特に乾燥肌や敏感肌の人ならパーマ前のシャンプーは控えて美容師さんにも「パーマ液がしみるからシャンプーはしないでほしい」と伝えましょう。

構わずアシスタントがゴシゴシ洗うお店もあるので注意です。

パーマ液がしみる事や、頭皮にできるだけパーマ液がつかない方法はないかを美容師に相談する

デジタルパーマは基本的にパーマ液が頭皮につかない方法が可能なので頭皮が気になる人にはおすすめなんだけど、ショートやボブなどの短めの髪にデジタルパーマが可能かどうかはサロンによって違うので美容師さんに相談してみてください。

それ以外にもパーマ液を霧吹きで髪だけにかけながら巻いていったり、スポンジにしめらせたパーマ液を巻く時に髪だけにポンポンとつけたり色々な工夫をしてくれる美容師さんもいるのでとりあえず相談してください。

パーマ前に頭皮に保護スプレーやオイルを多めに塗布したりする事でもだいぶ違ってきます。

毎月のようにパーマをかけるのはやめる

毎月のようにパーマをかけたがる人がたまにいます。

これはいくら頭皮をケアしながらパーマをかけたところで髪のダメージで髪が細くなっていくのでおすすめできませんね。

薄毛を気にする人はできるだけパーマの回数は最小限に減らすのが基本です。

調子が悪い時のパーマは控える

皮膚表面の角質層はバリア機能があって角質層がしっかりしている人は比較的頭皮が刺激に強いみたいです。

でも睡眠不足や偏った食事やストレスなどが続き皮膚のターンオーバーが乱れている時は角質層が薄かったりバリア機能が極端に弱くなってしまいます。

  • 寝不足、体調が悪い
  • 花粉症などで皮膚の調子がおかしい
  • 生理前、生理中

などといった時はパーマ液による頭皮トラブルがおきやすいので注意が必要です。

美容室でパーマをかけた後の注意点

パーマをかけた日やかけてからの2〜3日は頭皮が弱っている可能性が高いのでごしごしシャンプーをしないという事と、できるだけアミノ酸シャンプーなどの頭皮に優しいシャンプーを使って洗うようにしてください。

パーマ中からピリピリしていたり次のにになっても頭皮がヒリヒリと痛い場合は炎症を起こしていて軽い火傷みたいな状態になっているかもしれません。

僕も敏感肌なので翌日も少し痛い感じがする事が多かったです。

それくらい頭皮が敏感な人は基本的にパーマをかけるのはやめた方がいいと思います。

まとめ

 

頭皮が強い人や髪が太くて強い人にはパーマ液ってそんなに影響がないと思います。

*加齢とともに頭皮も弱くなるので注意は必要です

今回は主にパーマ1剤の話でしたけどパーマ2剤は酸化剤なので頭皮についた時に頭皮で活性酸素が発生する問題もあるんですよね。

パーマ液と頭皮の問題はどちらかというと美容師側が色々と取り組むべきところなんですが、肌が強い美容師には肌が弱い人の気持ちやあのヒリヒリした刺激の痛さがわからないんですよね。

なので自分からきちんと「パーマ液で頭皮を傷めるのが嫌だ」という事を相談してからパーマをかけるのが1番かなと思います。

そして敏感肌で細毛やすでに少し薄毛が気になる人はパーマをかける以外の選択も考えていく事をおすすめします。

あわせて読みたい
【画像あり】ヘアマックスの効果で毛が生えた?美容師が半年使ってみた結果・・・
【画像あり】ヘアマックスの効果で毛が生えた?美容師が半年使ってみた結果・・・y.pです。約半年前(2018年12月頃)に購入してみたアメリカのFDAで発毛効果を認可されている育毛機器の「ヘアマックス」この低出力レーザーのヘアマックスを実際...

Y.P.Parkが愛用中のWordPressテーマ

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
Y.P.Park(ゆうぽん)の画像
Y.P.Park(ゆうぽん)
美容師/ブロガー
美容師しながら趣味でブログを書いてます。
好きなもの▶シャンプー、育毛、漫画、ゲーム、歴史、wordPress、ジョンレノン。
現場から色んな情報をお届けします。
目次
閉じる