MENU

扇風機で髪を乾かすのはアリ?ナシ?美容師が伝えておきたい3つの真実

2020 6/17
扇風機で髪を乾かすのはアリ?ナシ?美容師が伝えておきたい3つの真実

y.pです。

今回は扇風機で髪を乾かすという事について。

う〜ん、、

確かに真夏の夜って蒸し暑いから洗髪後もドライヤーで乾かしてると汗かいちゃいますよね。

ま、結論からいうとエアコンが効いてる部屋でドライヤーで乾かすのがベストですよ。

でもエアコンがない人だっていますよね?

お風呂あがりにアイスとか食べながら扇風機でブワ〜っと髪も乾かす・・・

最高ですね。

これ、ボウズやベリーショートならいいんですよ。

でも髪が長い女性の場合はちょっと話が変わってきます。

今回は髪が長いズボラ女子が扇風機で髪を乾かそうとした場合どんな事が起こるのか?

についてフォーカスしてみたいと思います。

目次

扇風機で髪を乾かすデメリット⇒実はあんまり頭皮が乾かない

お風呂上がりに頭を乾かす時は

「髪を乾かす」のと「頭皮を乾かす」のを別々で考えるといいですね。

みなさんドライヤーって髪を乾かす事ばかり考えがちじゃないですか?

でも頭皮をササッと乾かすのって意外と重要なんですよ。

理由は雑菌が繁殖しすぎるからです。

えぇ、わかっています。

「頭皮の常在菌は頭皮を守る為に大事だろ」

でしょ?

確かにその通りですね。

皮脂と汗と最近が混じり合った皮脂膜は天然のバリア機能として頭皮を外側の刺激や乾燥から守ってくれていますよね。

でも2倍3倍・・・5倍くらいに増殖した雑菌ってどうですか?

洗髪後に頭皮を乾かさずにいると湿った頭皮が体温で温まってどんどん雑菌が増殖するんですよね。

それが原因で頭皮がかゆくなってしまったり翌日頭皮が臭くなる原因になるんです。

頭皮に細菌やダニの死骸や排泄物がたくさん残っているといったらイメージしやすいでしょうか?

洗濯が終わった服をしばらく洗濯機の中に入れっぱなしにしてから室内で干したら臭いですよね?

蒸し暑い時期の生乾きの臭いとか正直ムリですよね。

それと同じような事が頭皮で起きるよって事です。

なぜなら扇風機ってなかなか頭皮が乾かないから。

時々温泉に行った時にお風呂上がりに暑いから脱衣所にある扇風機で乾かそうとするんだけどなかなか乾かないんですよね・・・

ドライヤーでササッと乾かした方が圧倒的に早いです。

ましてや髪の長い女性や髪の多い人ならほとんど乾かないといってもいいんじゃないですか?

僕の少ない髪ですらなかなか乾かないんだから。

この頭皮をすばやく乾かすことができないというのが扇風機の気になる点のひとつ。

扇風機の冷風で思った以上に頭皮の体温が奪われて血行が悪くなる

それからもうひとつ頭皮で気になるのは濡れてる皮膚に冷風を当てると思った以上に体温が下がってしまい血行が悪くなるという事。

確かにひんやりするのは気持ちがいいですよね。

でも気持ちがいいだけで体を冷やすのって体には良くないんですよ。

特に頭皮はただでさえ毛細血管だらけで重力的に考えても血流が悪くなる部分ですからね。

髪の毛を作ったり頭皮を作る新陳代謝を最適な状態にするためにも血流は大事です。

頭皮を冷やさずにササッと乾かす。

これが扇風機だとできないんですよね。

やっぱり扇風機で頭皮を乾かすのって涼しいし気持ちいいのはわかるけどデメリットが多すぎます。

だって頭皮が臭くなったりかゆくなったり、下手すると薄毛の原因にまで発展するかもしれないんですからね。

扇風機で髪を乾かすと髪のキューティクルが荒れてボサボサになる

髪の毛に関していうと髪の毛がボサボサになりやすいというのも気になるところですよね。

メンズやショートの人はそんな事気にならないだろうからいいんだけど・・・

女性の髪がボサボサなのはちょっとダメでしょう。

ズボラ女子とかズボラ主婦っていう言葉もなんとなく流行ってるけど

髪はできるだけきちんとした方がいいでしょう。

髪の毛のキューティクルはとても精密にできていて髪の内部を守ったり水分量をコントロールしています。

キューティクルはエピキューティクル・エキソキューティクル・エンドキューティクルという性質の違う3層構造になっていて1番内側のエンドキューティクルは水を吸い込む性質があります。

だから洗髪後の髪はすべてのキューティクルが開いた状態なんですよね。

*イラスト右の感じ

わかりやすく例えると家中の扉が全開になってる状態ですね。

左のように扉が閉まった状態の髪ってかなり頑丈で紫外線なんかにも強いんですよ!

見た目でいうとキューティクルの扉がすべて閉じた髪は光をきれいに反射するのでツヤツヤになります。

なのでキューティクルをキレイに閉じるっていう事は大事なんです。

通常はドライヤーで根元側から毛先側に向かってゆっくり熱を当てていく事でエンドキューティクルの水分を抜きながらキューティクルを閉じる事ができます。

多少のクセやうねりならこのドライヤーの作業で収まります。

美容室帰りに髪がキレイなのはドライヤーの熱の効果を上手く利用しているからなんですね。

ところが扇風機でブワーっと冷風を当てるとキューティクルが閉じるというよりも中途半端な状態になってしまいますね。

髪は熱でクセをつけて(伸ばして)冷めると固定するという性質もあるんだけど、扇風機の冷風だけだとただ乾くだけだから髪がキレイにまとまるような効果も無いわけです。

お風呂上がりに扇風機で髪を乾かすって事は結局キューティクルの扉を開けっ放しにしているようなものです。

トイレの扉を開けっぱなしにしている状態。

それってやっぱり良くないですよね。

扇風機で髪を乾かすのは涼しくて気持ちいいだけでデメリットの方が多い

扇風機で髪を乾かすだなんてちょっと映画のワンシーンみたいでステキなんだけど頭皮や髪の毛にとってはやっぱり良くないんですよね。

具体的にいうと

  • 頭皮が湿って雑菌が繁殖しやすい
  • 頭皮が冷風で冷えて血行が悪くなる
  • キューティクルが整わないからボサボサになる

こういったデメリットがあります。

たまにこういう日があってもいいかもしれないけどさすがに毎日はやめたほうがいいですね。

現場からは以上です。

あわせて読みたい
自然乾燥は抜け毛が増えるって本当!?お風呂あがりには絶対にドライヤーで頭皮を乾かすべき理由
自然乾燥は抜け毛が増えるって本当!?お風呂あがりには絶対にドライヤーで頭皮を乾かすべき理由「自然乾燥だと抜け毛が増える」という噂を聞いた事ありませんか?でも案外しっかりとお風呂上がりにドライヤーで乾かしていない人も多いのが実際のところですよね。中...

Y.P.Parkが愛用中のWordPressテーマ

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
Y.P.Park(ゆうぽん)の画像
Y.P.Park(ゆうぽん)
美容師/ブロガー
美容師しながら趣味でブログを書いてます。
好きなもの▶シャンプー、育毛、漫画、ゲーム、歴史、wordPress、ジョンレノン。
現場から色んな情報をお届けします。
目次
閉じる